節水がつまりの原因


水道代の節約のためにトイレタンクにペットボトルを入れ水量を調節している人はいらっしゃいませんか。もし、いらしたらすぐにやめましょう。つまりの原因になる可能性があります。また、節水型のトイレに切り替える人が増えている昨今ですが、気軽に切り替えてトイレがつまって困った事になってしまう場合があるのをご存知でしょうか。切り替えご検討仲の方は、よくお考えになった方が良いでしょう。

何と、節水型はトイレのつまりの原因になる場合があるのです。それは、排水管が節水型専用ではないからです。つまり、流れる量がちがうということです。特に便は個体になりますので、きちんと流れる勾配というものが計算されて排水管は作られていますから、その勾配に合わない量となってしまいますと詰まってしまう可能性が高いのは当然でしょう。そういったことを確かめずに工事してしまうと言う業者がいるのも困ったものです。ですから、これから節水型トイレに切り替えたいと思われる場合は、業者が専門性の高い信用できる業者かどうか、見極める必要があるのです。過去の実績を調べたり、(実際に工事した件数など)会社に問い合わせ等もしてみましょう。排水管については専門家でないとわからないでしょうから、業者選びは慎重にしたいものです。つまりで困らないようにするためにも、よくご検討下さい。

 

トイレのつまりの原因


現在、日本全国ほとんどの家が使っているトイレは水洗トイレです。水洗トイレはその名の通り、汚物を流せますから、清潔で便利ですし、汲み取り式のトイレのような不快な匂いもなく、清掃も楽ですから、生活には欠かせないということは言うまでもないでしょう。トイレなしでは、生活できませんし、そのトイレがより快適で清潔感のある場所であれば、癒しのスペースにもなってくれます。

とはいいましても、つまり等のトラブルはつきものです。多い原因はトイレットペーパーの流し過ぎ、大量の便、嘔吐物、生理用品、ティッシュペーパー、赤ちゃん用のおしりふき、おもちゃ等流してはいけないものを流してしまった場合等があるでしょう。こういった場合、ラバーカップを使って、押したり引いたりしながら圧力をかける、またはバケツの水を排水口に向かって流す(勢いよく流しては逆効果)と言った方法で解決できることが多いようです。しかし、厄介なのは節水が原因で詰まってしまうと言った場合です。そもそも、水洗トイレは便などをある程度の水量で流すように作られていますので、節水に変えてしまうと流れなくなり、詰まってしまうのです。そして、尿石がこびりつくと言った場合もありますが、これは築年数の古い家です。こういった場合は昔からある洗剤を使うと良いようです。

当サイトはトイレのつまりの原因をご説明致します。節水の場合、節水以外の場合、業者に頼む場合を分かりやすくご紹介いたしますので、ご参考になさってください。