トイレのつまりの原因


現在、日本全国ほとんどの家が使っているトイレは水洗トイレです。水洗トイレはその名の通り、汚物を流せますから、清潔で便利ですし、汲み取り式のトイレのような不快な匂いもなく、清掃も楽ですから、生活には欠かせないということは言うまでもないでしょう。トイレなしでは、生活できませんし、そのトイレがより快適で清潔感のある場所であれば、癒しのスペースにもなってくれます。

とはいいましても、つまり等のトラブルはつきものです。多い原因はトイレットペーパーの流し過ぎ、大量の便、嘔吐物、生理用品、ティッシュペーパー、赤ちゃん用のおしりふき、おもちゃ等流してはいけないものを流してしまった場合等があるでしょう。こういった場合、ラバーカップを使って、押したり引いたりしながら圧力をかける、またはバケツの水を排水口に向かって流す(勢いよく流しては逆効果)と言った方法で解決できることが多いようです。しかし、厄介なのは節水が原因で詰まってしまうと言った場合です。そもそも、水洗トイレは便などをある程度の水量で流すように作られていますので、節水に変えてしまうと流れなくなり、詰まってしまうのです。そして、尿石がこびりつくと言った場合もありますが、これは築年数の古い家です。こういった場合は昔からある洗剤を使うと良いようです。

当サイトはトイレのつまりの原因をご説明致します。節水の場合、節水以外の場合、業者に頼む場合を分かりやすくご紹介いたしますので、ご参考になさってください。